スバルXVは車離れが進む若者の興味を上手く引くことに成功した車種の一つでしょう。
今の若者は車にお金をかける余裕があるのであれば、他の趣味などにお金を使いたいという人が多いです。
それは娯楽が増えたことが影響しているのですが、車自体の魅力が低下していることも関係しています。
参考サイト→スバル XV

自動車を作る会社は利益を追求して、コストダウンをはかり、売れなくなった車種はどんどん切り捨てていきました。
その結果、同じような車ばかりが市場に出回り、面白さや個性というのは消えうせてしまいました。
日本の自動車は完成度が高く、故障するリスクもかなり低いです。
世界の中でも抜群の信頼性を誇り、安全性もトップクラスです。
しかし、国産車には心が躍るようなデザインや、走り出したくなるような魅力のある車はほとんど存在しません。
もちろん、これは人それぞれ意見があると思いますが、多くの人がこのような気持ちを持っていると思います。

日本は駐車場を見ると黒、白、シルバーの車ばかりです。
車種はミニバン、ハイブリッドカーが半数を占めます。
日本では機能的で、燃費が良ければ売れるのです。
その日本で魅力的な車を作るのは非常に難しいことですが、スバルXVは一石を投じていると思います。

関連記事

    None Found